バイトの上手なやめ方|バイト成功術

バイトの上手なやめ方

バイトを始めることもあれば、事情で辞めることもあると思います。今までいい関係で働いていたにも関わらず、辞め方次第ではせっかく築いてきた関係が崩れてしまうこともあります。バイトを辞めるときにはどうやって辞めるべきなのか、ご紹介します。

 

辞める場合は早めに伝える

辞めなくてはいけない事情ができたときには、早めに伝えましょう。最初に、バイトを辞めるときにはどれぐらい前に話して欲しいか、職場側から伝えられることも多いので、そのルールに従って伝えましょう。それよりも急に辞めなくてはならない場合は仕方がないですが、辞めると決めてからできるだけ早く伝えてください。進学や就職で辞めるならば、かなり早めにわかると思います。早ければ早い分、職場側も人材を採用したりする時間に余裕ができるので、助かるでしょう。なんとなく辞めると伝えるのがいいづらくて伝えられない人も多いのですが、いい関係のままに辞められるようにするには、何よりも早めに伝えることです。

 

引継ぎをしておく

職種によっては、残ったバイトの人に引継ぎをしなくてはならないかもしれません。引継ぎをしないままでは、その後職場に迷惑をかけるので、必ず自分の仕事の引継ぎはしておきましょう。引継ぎにかかる時間も含めて、辞めるための準備として必要な時間です。

 

辞めたい理由は正直に伝える

実際に辞めたいと思ったきっかけがあって、辞めるわけです。もしもそれが職場への不満だったら…なかなか言いにくく、適当にごまかして理由を作る人は多いです。しかし、実際に職場に不満があったということは、バイトば働きにくいと感じることがある職場というわけです。あまりにストレートに伝えるのはいけませんが、次に採用する人もいるでしょうし、何が理由となって辞めたいのかは正直な理由を伝えましょう。

 

連絡がつかない、は絶対NG

どうせバイトだからと思って、突然職場にもいかない、連絡がつかないといった辞め方をする人がいるのですが、これだけは絶対にNGです。どんな理由があるにせよ、職場側も急に連絡がつかなくなってしまっては、どうしていいのかわかりません。何が理由だったのかもわからないし、次の人材を確保しなくてはいけないしと大変です。きちんと連絡だけは入れてくださいね。

 

辞めるというのは、決してお互いにマイナスになるわけではありません。働けてよかったと自分が思えて、職場側も働いてもらえてよかった、とプラス同士で終われる場合もありますので、そこを目指して最後の辞め方まできちんとしておきましょう。


このページの先頭へ戻る