バイト長期で働く時のコツ|バイト成功術

バイト長期で働く時のコツ

バイトの短期・長期を選ぶときには、自分がどっちが向いているかどうか、それを考えて決めましょう。今回は長期で働くときのコツをお話していきますね。

 

自分の好きな職種を選ぶ

選ぶ理由として一番優先してほしいのは、好きな職種かどうかです。長期ともなると、苦手なことを長く続けるのが途中で嫌になる可能性が高いです。そうなると採用した側にとっても、採用された側にとってもいいことは一つもありません。長く続けていても楽しいと思える職場を見つけて働けるのが一番いいです。

 

職場の環境を重視する

接客業などで一度お店にいける場合は、応募の前に見に行ってみてもいいと思います。どんな雰囲気なのか、店員さん同士の関係性やお店の雰囲気などは行くと結構わかります。自分がここで働きたいと思えるかどうか、見に行った際にしっかりと考えましょう。事前に下見をしておけば、バイトとして採用された際にも想像と違う…とならずに済むと思います。

 

希望は最初に伝えておく

職場側、働く側、どちらにも希望はあると思います。それがどちらもマッチしてこそ、長く働けるでしょう。大体働く側に多いのですが、希望がいえないままになっていると、その後ズレが生じてしまいます。条件が違う、と職場側も思い始めるでしょうし、働く側も無理して働いていると辛くなってくるでしょう。面接がある場合は面接時に、そして履歴書にも希望を書く欄があると思うので、希望を伝えておくといいですね。

 

人との関係性を大事にする

長期で働くということは、職場の人との人間関係もしっかりと築く必要があります。一人で黙々と仕事…というわけにはいかないでしょうから、コミュニケーションをとってください。職場でできたバイト仲間などは、生涯大切な友達になるかもしれませんし、職場の社員のひとたちは、就職をしてからも相談する大切な社会の先輩となります。合う合わないは人間同士あると思うのですが、人間関係を築くというのも社会経験の一つなので、長期なら尚更、関係性を大事にして働けるといいでしょう。

 

長期のバイトは仕事に慣れてくると余裕も出てきますし、楽しくバイトできると思います。だからこそ、職場側も働く側もいい関係でいられることが重要ではないでしょうか。


このページの先頭へ戻る