バイトで好かれる人との接し方|バイト成功術

バイトで好かれる人との接し方

バイトというのは、社会経験でもあります。特に高校生や大学生などでお小遣い稼ぎをするためにバイトをしている人も多いと思いますが、学校では得られない貴重な体験にもなると思います。バイトのしすぎで学業に影響が出てはいけませんが、時間のある範囲でバイトをするぐらいであれば、逆にいい社会経験になるのではないかと思います。そこで大事なのは、バイトで職場の人をはじめ、接客業ならお客様に対しても好感を持ってもらえるような接し方を学ぶということ。友達と話す感覚では通用しないので、話し方・接し方を工夫してみましょう。

 

職場の上司・先輩の場合

目上の人なので、丁寧な言葉が第一です。言葉遣いは非常に大切です。尊敬語、とまではいいませんが、敬語を使って話をしてください。仲良くなればそれほど気にしない人もいますが、バイトを始めてしばらくは敬語で話をしましょう。
接し方にしても、態度を気をつけてください。顔を見て話をする、挨拶のときは軽くお辞儀もするなどといった態度も意外と人からは見られています。ちょっとしたところで、その人がどんな人なのかも判断されてしまいますよ。

 

後輩の場合

自分より後から入ってきたバイトの後輩もできることでしょう。指導も必要になるかもしれませんが、ただ教えればいいというわけでもありません。自分がバイトを始めたときのことを思い出してください。何もわからずに入ってきているのですから、最初はできなくて当然です。できない後輩を見ると、どうしてできないの?と不満に思うかもしれませんが、知らないことは出来ないのは当然。温かい目で見てあげてくださいね。

 

お客様の場合

接客業のバイトはお客様と接する機会があると思います。その時に大事なのは、ハキハキとした話し方と、笑顔です。自分がどこかお店に入った際、どんな店員さんに好感を持つかを考えるといいと思います。笑顔でいる店員さんには話しかけやすいですよね。
誰からも話しかけやすい店員さんがいれば、お客様も安心できますし、また来てくれるきっかけになるかもしれません。このお店に来てよかった!と幸せな気分になってもらえるといいですよね。

 

職場内でも、お客さんにも、まずは好感を持ってもらえる接し方・話し方が大事です。


このページの先頭へ戻る