バイトに受かる履歴書の書き方|バイト成功術

バイトに受かる履歴書の書き方

バイトに応募をするとき、必ずといっていいほど履歴書が必要になります。まずは履歴書を送付してくださいといわれる場合もあれば、面接で履歴書を持ってきてくださいといわれることもあります。そこで、どうやって履歴書を書くべきか…といった悩みに直面しますね。今回は履歴書の上手な書き方をご紹介します!

 

字は丁寧に書く

バイトの履歴書は手書きで書く場合がほとんどでしょう。まず見られるのが、全体的な履歴書のバランスです。文字が丁寧に書いてあるかどうかも伝わります。文字が汚くて自信がないから…と思うかもしれませんが大事なのは上手か汚いかではなく、丁寧に書いてあるか適当に書いてあるかなのです。走り書きのような感覚で書いてあると、急いで適当に書いたなと判断されやすいと思います。自分の字は変えられるものではありませんので、一文字ずつを一度丁寧に書いてみてください。それだけでも全体的に見ると丁寧でキレイに見えるはずです。

 

なるべく空白は作らない

経歴や職歴などで埋められないところはいいのですが、趣味や希望の勤務時間など、色々な項目があります。空白だと履歴書の意味がありませんので、もしなくても「特になし」「御社に従います」というような一言が書いてあるだけでも見た目が変わります。とても印象がよくなると思いますよ。

 

間違えたら書き直し!

文字を間違えたから、修正ペンで修正…というのは絶対にNGです。失敗のないように書いて、もし失敗したら一から書き直してください。修正ペンや黒く塗りつぶすなどは絶対に禁止ですよ。適当な人だと判断されてしまいます。

 

写真は必ず貼る

写真はいりませんといわれない限りは、写真を必ず貼りましょう。募集をして何名もの面接を行っているかもしれません。写真がないとどんな人だったのか思い出すのが大変です。また、もし写真が取れてしまってもいいように、写真の裏に名前を書いておくと、より安心です。

 

使いまわしはしない

アルバイトをいくつも受けている場合、不採用だったところから返却された履歴書もあると思います。次もその履歴書を使えばいいと思いがちですが、意外とばれてしまいます。きちんとそのアルバイトへの気持ちを書いた履歴書を新たに用意してください。

 

履歴書は自分を表す書類です。これで判断されてしまうこともあるので、自分の分身だと思ってとにかく丁寧に書きましょう。自分らしさも大事なので、書き込む欄にはしっかりと自己アピールなどもしてくださいね。


このページの先頭へ戻る