バイトで好かれる働き方|バイト成功術

バイトで好かれる働き方

バイトをし始めた場合、働き方というのも考えなくてはなりません。他のバイトの人や、社員の人とも一緒に仕事をするのですから、自分の希望だけではなく、職場の希望や事情なども踏まえた上で働くことになります。そこで、バイトとしての上手な働き方をご紹介します。

 

最初にお互いの希望を話しておく

面接の際、もしくはバイトに入ってすぐに、お互いにバイトの勤務時間については話し合いが行われるでしょう。自分の希望と、職場側の希望をきっちりと話し、都合のいい形で勤務時間を決めます。大抵は、職場側が希望する時間に働いてもらえる人を探したいので、面接の際にある程度話し合いをしてしまう場合が多いでしょう。ここでしっかりと話をしておかないと、あとから話が違う…と問題になるかもしれません。よくあるのが、バイトに採用してもらいたいから、ちょっと難しそうなことでも「大丈夫です」と答えてしまうこと。その後の問題に発展しやすくなるので、難しいことは難しいと伝えてください。自分の希望する条件に合わないバイト先では、長く続けることはそもそも難しいと思います。

 

生活環境に変化があればすぐに事情を話す

バイトとはいえ、ある程度シフト制などで勤務時間が固定されていることが多いでしょう。それでも突然入れなくなるかもしれません。これから毎週○曜日は難しくなりそう…そうなったら、すぐに話をしましょう。早めに話すことで、職場側も代わりの人材を探すことができます。

 

急に休まない・遅刻をしない

これはバイトとはいえ、社会で働くなら当然のことと思います。急な欠勤は職場に迷惑をかけてしまいますし、遅刻も同様です。それを繰り返していると、職場からの信用も失ってしまいますよ。もちろん急な体調不良などでは仕方がないかもしれませんが、なるべく早く欠勤の連絡をするのは徹底してください。もし可能ならば、バイト仲間に連絡をして交代してもらうなどの配慮ができるといいですね。

 

どこかでバイトするならば、当然守らなければならないことばかりです。バイトとはいえ、急な欠勤や遅刻、そして最初に話し合いをした条件が違うなどといった問題が発生すると、職場の負担は増えます。もちろん同じように働くバイト仲間に対しても迷惑になってしまうので、気をつけましょう。


このページの先頭へ戻る